本文へスキップ
高品質・リーズナブルな価格・24時間運営・グローバルな心



ハンガリー語(マジャル語)は東欧に位置するハンガリー共和国で話されている言語で、ハンガリー人(マジャル民族)が話す言語です。ハンガリー語人口はおよそ1500万人とされており、ハンガリー国内で1000万人、残りの500万人はルーマニア、スロヴァキア、ユーゴスラビア、オーストリアといった周辺諸国およびアメリカ、オーストラリアなどに住んでいます。中でもルーマニアでは200万人ものハンガリー系住民が住んでおり当地のハンガリー系住民はルーマニア語とハンガリー語のバイリンガルです。ハンガリーは第一次世界大戦で敗北し、国土の3分の2を失ったため国外に多くのハンガリー人が残される結果となりました。

ハンガリー人は自らをマジャルMagyarと呼びます。ハンガリー人(マジャル民族)は言語学的な仮説によるとロシア連邦にあるウラル山脈が原住地とされ長い年月をかけて西に進み、今からおよそ1100年前にヨーロッパに定住しました。このような歴史的背景を持つハンガリー語は周辺諸国で話されているヨーロッパ系の言語とは基本的構造が異なります。ハンガリー語と同じ言語系統に属する言語にはフィンランド語、エストニア語そしてロシア連邦内に散在している少数民族の言語があります。この言語グループを「ウラル語族」と呼びます。同じ言語グループに属しながらハンガリー人とフィンランド人がお互いの言語でコミュニケーションをとることは全く不可能です。その理由はハンガリー人の祖先とフィンランド人の祖先がかなり早い段階で、互いに異なる民族移動の道筋をたどったため、と考えられます。文法的な類似は見られますが、語彙的にはかなり異なるのです。ウラル語族内でハンガリー語に一番近い言語はロシア連邦内で話されている少数言語オスチャーク語(ハンティ語)とヴォグル語(マンシ語)ですが、やはりお互いの言語でのコミュニケーションは全く不可能です。


ハンガリー語では人名は姓・名の順で表され、住所の書き方も日本語と全く同じです。こういった特徴はヨーロッパではハンガリー語にのみ見られます。自らのアイデンティティをアジアに求めるハンガリー人は親日的な民族として知られています。科学的根拠もなく今では廃れた学説となりましたが以前は日本語とハンガリー語の同系説もあったほどです。ハンガリー語には他のヨーロッパの言語に見られる名詞の性もありませんし、発音も決して難解ではありません。日本人とって比較的習得しやすい言語と言えるでしょう。

文法解説

ハンガリー語ではラテン文字を使用します。母音には長母音と短母音があり、区別をつけるため長母音はá、ó、úというように補助記号をつけます。アクセントは常に単語の第一音節に置かれます。またハンガリー語には「母音調和」という現象があります。これは母音が幾つかの同質のグループに分かれ、同一語中には異なったグループの母音が混在しない現象です。母音のグループには前舌母音と後舌母音があります。

例) 前舌母音語 szekrény「タンス」 ,öreg「老人」
 後舌母音語 asztal「机」,unoka「孫」 

母音調和はフィンランド語、トルコ語、モンゴル語などに見られる現象です。日本語でも奈良時代以前には存在していました。 動詞の活用では、目的語の有無や性質に合わせ定活用と不定活用の2種類を使い分けします。定活用、不定活用ともそれぞれ主語に合わせ6通りの変化をします。


例) vár 「待つ」

 「不定活用」   「 定活用」
 私は待つ várok  私は彼を待つ várom
 君は待つ vársz   君は彼を待つ várod
 彼は待つ vár  彼は彼を待つ várja
 私達は待つ várunk  私達は彼を待つ várjuk
 君たちは待つ vártok  君たちは彼を待つ várjatok
 彼たちは待つ várnak  彼たちは彼を待つ várjak


ハンガリー語には名詞の格語尾が20近く存在します。そのうちの2,3の例を紹介します。

例 ・ 東京へ Tokió-ba      東京へ私は行く Tokióba megyek

   東京から Tokió-ból      東京から私は来た Tokióból jöttem

   東京の中に Tokió-ban    東京に私は住んでいる Tokióban lakom

上記の例文を見ての通り、英語やドイツ語なら前置詞を使って表するところをハンガリー語では格語尾を用いて表します。これは日本語の助詞に近い発想といえます。またハンガリー語には前置詞がなく代わりに後置詞があります。

例) elött「…の前で」mögött「…の後ろで」ház「家」 

   家の前で ház elött 家の後ろで  ház mögö;tt

最後に名詞の所有人称形についての説明を行ないます。

英語なら「私の家、君の家」をmy house, your house としますが、ハンガリー語では接尾辞を使って表現します。

例) ház「家」  私の家 házam  君の家 házad

以上で簡単な文法説明は終わりにします。ハンガリー語はヨーロッパでは非常に難解な言語とされています。しかし日本人にとっては比較的なじみやすい言語といえるでしょう。そしてハンガリー語では定冠詞や関係代名詞が使われるなどヨーロッパの言語と類似しているところがあるのもまた事実です。ハンガリー語はアジア的要素とヨーロッパ的要素が織り込まれたとてもユニークな言語であるといえるでしょう。