本文へスキップ
高品質・リーズナブルな価格・24時間運営・グローバルな心



インドネシアは1万7000以上の島からなる世界最大の群島国家です。2億人を超える人口は200とも300とも言われる固有の文化を持った民族で構成され、それぞれが固有の言語を持っています。そのような多民族国家において共通語の役割を果たしているのがインドネシア語です。現在でも日常生活ではジャワ人ならジャワ語、バリ人ならバリ語といったように民族固有の言語(地方語)が使われることが多いのですが、学校教育、行政、マスコミなどではインドネシア語が使われています。そのため、インドネシア語の普及率は高く、だいたいどこへ行ってもインドネシア語が通じると言えます。また、インドネシア語はかつてマラッカ海峡周辺での交易に使われていたマレー語を母体にして発展した言語なので、マレーシア、シンガポール、ブルネイでもある程度通じます。 

インドネシア語の系統
インドネシア語は、北はハワイ諸島、南はニュージーランド、西はマダガスカル、東は太平洋の島々にまで広がるオーストロネシア語族に含まれます。その下位区分であるインドネシア語派にはマレー語(インドネシア語とマレーシアで話されているマレーシア語は言語学的には同一の言語とみなされている)の他に、ジャワ語、スンダ語、バリ語などインドネシアの地方語、タガログ語などフィリピン諸語があります。そのため、これらの言語の語彙や文法には多くの類似点が見られます。例としてインドネシア語、ジャワ語、タガログ語の数詞を挙げておきます。

数詞
インドネシア語
ジャワ語
1
satu
siji
isa
2
dua
loro
dalawa
3
tiga
telu
tatlo
4
empat
papat
apat
5
lima
lima
lima
6
enam
nem
anim
7
tujuh
pitu
pito
8
delapan
walu
walo
9
sembilan
sanga
siyam
10
sepuluh
sapuluh
sampu
100
seratus
satus
isang daan (sandaan)
1000
seribu
sewu
isang libo (sanlibo)


インドネシア語の文字と発音
インドネシア語の表記にはアルファベットが使われます。基本的には見たままローマ字読みすればよいのですが、いくつか注意しなければならないことがあります。

インドネシア語の特徴
1." e"の発音
"e" には2種類の発音があります。ひとつは日本語の「エ」と同じもの(例 bésok(明日))。もうひとつは「ウ」と「エ」の中間の音(例 belum(まだ~ない))です。辞書や学習書では前者を "é" と表記し区別しますが、新聞など一般の読み物にはそれがないので単語ごとに覚えなければなりません。また、"u" を発音する際、口をしっかり丸めないと後者の "e" と取られてしまうことがあるので注意が必要です。
2. 単語末の k, t, p, g, d, b
これらの子音が単語末にある場合には、発音する直前で止めるような気持ちで実際には音を出さないようにします。例えば bésok(明日)は「ベソック」ではなく「ベソッ(k)」という感じにします。

1. 語順

主語+動詞+目的語 が基本です。

Saya makan nasi. (私はご飯を食べます。)
  (私) (食べる) (ご飯)

修飾は後ろからします。
 Istri saya orang Indonesia. (私の妻はインドネシア人です。)
 (妻) (私) (人間)

2. 動詞の活用がない

インドネシア語の動詞は英語のように時制による活用をしません。したがってある動作がいつ起こった(起こる)のかを言いたい場合には kemarin (昨日)、besok (明日) などの副詞をつけます。

Kemarin saya belajar bahasa Indonesia. (昨日、私はインドネシア語を勉強しました。)
  (昨日)    (勉強する)(言葉)


Besok saya belajar bahasa Indonesia. (明日、私はインドネシア語を勉強します。)
  (明日)

3. 接辞について

インドネシア語は概念を表す単語(語根)にさまざまな接辞をつけることによって文法的な機能や付加的な意味を与える仕組みになっています。まずはその例を見てみましょう。
"baca" というのは「読む」という概念を表す語根です。この単語自体が接辞なしで使われることは(頻繁に接辞が省略される日常会話を除いて)ありません。接辞をつけることによって初めて使用可能になります。例: membaca(~を読む)、membacakan(~を~に読んでやる)、membaca-baca(~をざっと読む)、bacaan(読み物)、pembaca(読者)、pembacaan(読むこと)
インドネシア語辞書のほとんどは語根をアルファベット順に配列し、その下位項目に接辞のついた形を置いているので、慣れるまでは意味を調べたい単語の語根が何かわからず苦労するかもしれません。しかし、接辞の数には限りがあるうえ、それぞれの接辞が語根にどのような変化を与えるかはある程度決まっているので、語根をひとつ覚えれば接辞をつけるだけでさまざまな表現が可能になるという利点もあります。

4. 外来語について

現在、インドネシア国民の90%はイスラム教徒です。イスラム教は13世紀に伝わって以来、インドネシアの言語や文化に大きな影響を与えてきました。そのため、インドネシア語の語彙の中にはアラビア語起源のものがたくさんあります。(例:waktu(時間)、pikir(考える)など) また、長い間オランダに支配されていた影響でオランダ語から借用した言葉もかなりあります。(例:kamar(部屋)、onderdil(部品)など)