本文へスキップ
高品質・リーズナブルな価格・24時間運営・グローバルな心




ポルトガル語の誕生

ポルトガル語はヨーロッパ言語の中でも正確な表現で知られています。

ポルトガル語の誕生は多くのヨーロッパ言語と同様にローマ帝国の滅亡によってもたらされたといえます。

それまでローマ帝国に支配されていた領土はラテン語を義務付けられ、その支配から開放された諸領土はラテン語にその地域の言葉を織り交ぜて新しい体系の言語を作り上げていきました。これらをネオ・ラテン語(ロマンス語)といい、ここから発展したのが現在のポルトガル語、スペイン語、フランス語、イタリア語などです。イベリア半島は紀元前3世紀から紀元5世紀ごろまでローマ帝国の支配におかれ、その後8世紀までゲルマン民族の侵略、更に8世紀から12世紀まではアラブ(ムーア)人の侵略を受け、これら異民族の追放を進めながら、1143年にポルトガルが建国されました(スペインは1470年に統治されました)。ポルトガル国家の確立とともに、それまでイベリア半島の西の方言だった"ガリーシア・ポルトゲス"が公用語として定められ、ここにポルトガル語が確立したのです。


海を渡るポルトガル語
「神はポルトガル人に海を与えた」と言いますが、建国後ポルトガルは休む間もなく大航海時代への先鞭をつけます。かくしてポルトガルは14世から16世紀にかけてアフリカ、アジアそしてアメリカ大陸へと活動域を広げいき、それとともにポルトガル語も世界中で話されるようになりました。今から400年前ごろのアジアの多くの港ではポルトガル語が商用言葉として使われていたのです。また、ポルトガル人が祖国に持ち帰った単語も多く、例えばcha=茶(中国語)とかjangada=いかだ(マレー語)などが知られています。
 その後ポルトガルは世界の檜舞台から姿を消しますが、ポルトガル語は今でも世界の数ヶ所で話され続けています。ポルトガル語を公用語とする国は:ポルトガル、ブラジル、アフリカ:アンゴラ、モサンビークなどです。また、現地語と混ざって話されるポルトガル語系クレオール語は:マカオ(中国)、ゴア(インド)、東ティモールなどの一部住民に使われているそうです。

現代ポルトガル語:ポルトガルとブラジルの違い

ポルトガル語圏の二大文化といえば、ポルトガルとブラジルといえるでしょう。

ポルトガルによって発見・殖民された南米大陸のブラジルは1822年にポルトガルから独立しました。

その後ポルトガルはフランス、イギリスの政治支配下におかれ、フランス語、英語文化への対応を余儀なくされました。一方、ブラジルでは遠いヨーロッパの政治情勢の影響を受けつつ新たなる国家の創設のためヨーロッパ移民・アフリカ奴隷・原住民ら異文化を融合させた独自の文化を生み出していきました。こうして異なった土壌で育まれたポルトガル語は、お互いを意識しながら今日に至っています。 両国で話されるポルトガル語の差は一部の単語・発音などに見られますが、大きな傾向として本家ポルトガルは文法的に原則主義で、その文体は必然的に古典的で美しく、一方、ブラジルでは多彩な異文化を反映して、文法ルールに縛られない躍動的な文体を作り上げていると言えます。これと似たような関係に、イギリスとアメリカをあげられます。 しかし今はまさにグローバルな情報世界です。これまで"ブラジル語"に眉をひそめていたポルトガル人でしたが、氾濫するブラジルのTVドラマ、インターネットなどの影響から、ポルトガルでも"ブラジル語"が日常的になりつつあるようです。 とはいっても、ポルトガル語は依然として正確な言語であり、長くなりがちな文章はその反面、疑問の余地がないほどの表現力を持っています。ブラジルの法律書なども精緻に著されたポルトガル語の参考例といえます。いずれにしても、こうした両国の関係はこれからもポルトガル語の発展に寄与していくことは間違いないでしょう。


日本語とポルトガル語

日本人がはじめて接したヨーロッパ言語はポルトガル語だと言われており、

16世紀の南蛮渡来の影響は周知のことです。

そのころ定着したポルトガル語由来の言葉は現在も多く使われており、例えば:

屏風(=biombo)、おんぶ(=ombro)、かるた(=carta:手紙、地図、トランプ) などがあります。

明治時代から今度は日本人がブラジルへ移民するようになり、日本文化がブラジルへ浸透するようになりました。

ブラジルにもたらされた日本語の単語には:

caqui=柿、tatami=畳、quimono=和服、yakisoba=焼きそば などがあります。

こうした、何気ない日常に日本語とポルトガル語の接点を見れるのは興味深い事ですね。


ポルトガル語の文法

日本でも最近、ポルトガル語の入門書が数多く出版され、誰でも基礎を学習できるようになりました。

ポルトガル語が日本人にとって馴染みやすいのは、

単語の発音が日本語と同じく母音を基調とし、殆どローマ字読みで音読できるためです。

母音基調の発音:

ポルトガル語

papai=パ・パイ=お父さん   samba=サ・ン・バ=サンバ

mar=マ・ル=海    futebol=フ・テ・ボール=サッカー

amor=ア・モル=愛    musica=ム・ジ・カ=音楽


ただし、文法に関してはポルトガル語は正確さが要求されます。文章の成立には「誰が・する・何を、いつ、どこで、どのように」といった主語+動詞+述語の構造を明記しなければなりません。

簡単な例として:

ポルトガル語

といった構造になります。

しかし日常会話などでは主語が隠れてしまうのが常で、

例えば、60年代ボサノバの最初のヒット曲となったこの歌の第1フレーズです:

ポルトガル語

ここでは、私=euという主語が隠れていて、

動詞vou ( ir=「行う、する」,の一人称現在形)の変化によって関係付けられています。

まるで謎を解くような、こうした変化に対応していくことがポルトガル語をマスターすることになるのですが、当然、一朝一夕ではいきません。現地でも大学入試に要求される高度な知識です。ここで言及しておきたいのは、正確な原形をベースに省略したり、崩したり、裏返したりしながら表現していくのが現在のポルトガル語だということです。これは今の日本語や英語と同様、現代社会を反映した傾向でしょう。